資料請求

学資保険の払込金、総額どれくらいがいい?

学資保険の払込金、総額は、学資保険を決める時に最も重要です。
その他には学資保険会社の信頼性、返戻率などが大切なポイントです。
ここでは学資保険の相場はどれくらいかについて探っていきます。

学資保険の給付パターンは、大きく分ければ2つあり、その1つは満期にまとめて受け取るパターンです。
もう1つは幼稚園卒園児や小学校、中学校、高校、大学などの卒業時などに祝い金として何度かにも分けてお金を受け取り、満期時にもまとまったお金を受け取るパターンです。
この2つで比較すれば、当然途中で祝い金を受け取ることで貯蓄が崩れることになるので祝い金を受け取らないタイプの方が受け取り合計金額は大きくなりますが、ただし商品によって返戻率は異なるので、一概にはどちらがお得ということは言えません。

問題なのは毎月どの程度のお金を保険に掛けられるかで、一般的には1万円前後はそれに支払っても家計を圧迫しないということです。
実際に最も多いのが、毎月1万円以下の保険料を支払って、最終的に200万円受け取るタイプとなっています。

学資保険の満期は子供が18歳の時が最も多く、大学の入学金や授業料のために積み立てているのが一番の目的となっています。
大学の入学時には私立の場合は文系で150万円~200万円必要になるのが相場であるため、満期保険金は全て大学入学のために使われることになります。
しかし理系の場合はより多くのお金が必要になり、さらにその後4年間はもっと多くの費用がかかるので、中にはより多くのお金を保険で貯めている人も少なくはありません。
子供の人数で学資保険を決める人も多いでしょう。

しかし大学の費用を全て保険でと考えることは非常に危険です。
もちろん所得が多い場合は問題ありませんが、一般家庭でそれを行うと、家計を圧迫させることは目に見えています。
したがって学資保険では大学へ入学する初年度の費用を賄うことを考え、その他は貯蓄や奨学金で賄うことを考えるのがベストな判断となるでしょう。

このように、学資保険は毎月1万円程度の掛け金にして、トータルで200万円程度貯めるのが一般的です。
無理して毎月の掛け金を大きくすることはおすすめではありません。
学資保険は教育資金ですから計画的に無理なく積立しましょう。