資料請求

学資保険の保障内容

学資保険とは、その名の通りにお子さんの教育のための保険です。
今では高校、大学と進学するのが一般的な世の中で、特に大学進学する時には国立大学でもある程度の費用が必要となります。
保険に加入することで、大学進学の際に必要な費用を賄うことができます。
ここでは教育費用以外に学資保険がカバーしている保障について紹介します。

学資保険が満期になれば、満期保険金を受け取ることができます。
小学校入学などいろいろな節目でお祝い金も何度か受取できる商品もたくさんあります。
このように教育資金が必要になる時期にお金を受け取ることができるのが学資保険に加入する目的ですが、生命保険と同じように、契約途中で契約者である親や子供に何かあった時には、死亡保険金や病気やケガのための給付金を受け取ることも可能となっています。

ほとんどの学資保険は、契約者が途中で亡くなった場合は保険金が免除となり、満期時には満期保険金が受け取れる、もしくは保険期間満了まで給付金が支給される商品もあります。
もちろん被保険者であるお子さんに万一のことがあった場合も、満期保険金は支払われます。

学資保険は貯蓄型と保障型に分かれ、どちらを選択するかは自由です。
他にも生命保険や医療保険に加入しているなら、あくまでも学費を貯蓄するために保障が手厚くない貯蓄型を選んで正解でしょう。
しかし子供が大きくなるまでは生命保険に加入しないなどの考えの人には、保障型に加入することをおすすめします。
保険はあくまでも万一の時のためですが。契約者である自分に何かあった時のことを考えることは、一番大事なお子さんにとっては非常に大切なことです。

このように学資保険の本来の目的は子供の教育のためですが、お子さんや契約者である親に万一のことがあった時のための保障が充実している商品もあります。
家庭によって学資保険の必要性は変わります。
あくまでもお子さんに必要になる学費のために加入する場合は保証が手厚くないものを、万一の時のための保障を充実させるには保証が手厚い保険に加入して下さい。