資料請求

学資保険の受取人変更をしよう

学資保険とはその名の通りに子供のための保険ですが、受取人は子供ではなく一般的には両親のいずれかになっています。
ここでは何らかの理由により学資保険の受取人を変更しなければいけない場合の手続きの仕方について紹介します。

学資保険の受取人を変える最も多い理由は、両親の離婚です。
または契約者が事故や病気などで死亡した時で、この場合は受取人が不在になってしまうのですぐに受取人を変更しなければいけません。
中には配偶者が保険に入っていることを知らない場合もあるので、学資保険に限らず加入している保険の確認はしっかり行っておきましょう。

学資保険の受取人を変更する場合は、保険証券、戸籍謄本、身分証明書、印鑑、新しい受取人の口座情報が必要になり、学資保険任意継承申込書が必要になる場合もあります。
必要書類は保険会社によっても変わってくるので、事前に確認して下さい。
保険の担当者を自宅に呼ぶか、直接保険会社の窓口で変更する方法がありますが、こちらも受取人の変更方法を保険会社に確認して下さい。
二人揃って窓口に行けば問題ありませんが、新しく受取人になる人が一人でも手続きは可能です。

離婚した夫婦の中には、親権は母親が持っているのに、保険の受取人は父親のままにしているケースも少なくないようです。
この場合、子供が高校や大学に入学したら、親権者である母親が満期の保険金を受け取ることにしているケースが多いようですが、これはおすすめできません。
あくまでも法律上は父親が保険金を受け取る権利があり、さらに父親が再婚した場合は新しい家庭のためにそれを利用する可能性も0ではありません。
途中で保険料の支払いをストップして、保険料が入ってこないケースもあるようです。
離婚した夫婦に以前のような強い信頼関係はないと判断するのが当然なので、離婚をして親権を獲得したらすぐに受取人の変更手続きを行いましょう。

このように、離婚や死別により学資保険の受取人を変更しなければいけなくなることがありますが、受取人の変更手続きを行う前には必要書類や方法を事前にしっかり保険会社に確認しておきましょう。