資料請求

学資保険の満期って子供が何歳のとき?

子供が生まれる予定で、すでに学資保険に加入することは決めているけれど満期をいつにするかについては何も考えていない人も多いようです。
ここでは学資保険の満期はいつなのか、またはいつがいいのか探っていきます。

学資保険を提供している保険会社は数多く、商品によって満期時期は異なっています。
したがって学資保険の目的に従い、いつ満期を迎えればいいのかを十分に考えてから保険に加入することをおすすめします。
現在は大学に進学するのが当たり前の時代なので、お子さんのために最もお金がかかるのは高校卒業後から大学入学の間の時期となります。
保険会社でもこの時期に一番お金が必要になることが分かっているので、18歳満期の保険が最も多くなっています。

しかしここで問題なのは、大学の入学金や授業料を支払い時期で、早生まれのお子さんの場合は、その時期に保険の満期が間に合わないことも考えられます。
ということで、最近では余裕を持って17歳を満期に設定する商品も多いので、お子さんの誕生日なども考えて商品選びを行いましょう。

大学入学時以外にも、20歳や22歳を満期にしている保険も最近では増えています。
これは子供の成人式や就職祝いなどにお金がかかることを想定しているためです。
女の子であれば成人式の振袖を購入してもレンタルしても数十万円~100万円程度のお金がかかります。
さらに大学院に進学する人も少なくはないので、この時期に満期を設定する保険会社もたくさんあります。

また学資保険の中には満期で一括に受け取る以外にも、数年に一度一時金を受け取りできるものもあり、幼稚園の卒業時期、小学校、中学校の卒業時期に一時金を支払うような保険もたくさんあります。

このように学資保険の満期時期は一定ではなく、大体は17歳、18歳、20歳、22歳と設定されています。
大事なことはいつお金が必要になるかということで、思い通りにはいかない可能性もありますが、あらかじめお子さんの人生設計を立てた上でその時にベストだと思う商品を選んで下さい。