資料請求

学資保険に加入している家庭の割合

今では高校、大学と進学するのが当たり前となっているため、子供が生まれたらすぐに学資保険を考える人が大半という調査結果が出ています。
ここでは果たしてどのくらいの家庭が学資保険に加入しているのか探っていきます。

学資保険に加入している家庭の割合は、いろいろな調査において結果が出ていますが、おおよそ7割の人が保険に加入しているという結果が出ています。
残り3割の人たちも金銭的余裕がないので加入していないとの理由が多く、その他にも他の保険で対応している人も多いようです。
調査結果をまとめると、学資保険に興味がない家庭はわずか1割程度となっています。

学資保険は契約できる年齢が決まっていて、年齢が高くなればなるほど保険料も高くなるので、機会を逃してしまうそのまま加入しないでいる人もたくさんいるようです。
何歳で保険への加入を考えたかについては、半数以上の人が子供が生まれてすぐの0歳の時に加入を検討したという調査結果となっていて、実際に0歳の時に加入している家庭の割合がダントツとなっています。
そして3歳までには9割以上の家庭が保険に加入しているという調査結果が出ています。

学資保険には満期の時に一括で受け取りするタイプと、進学の節目などで一時金を受け取るタイプがありますが、それほど大差はありませんが、中学、高校、大学に進学する時に一時金をもらう人が多く、最も多いのは高校入学時となっています。
お金がかかる大学進学の時じゃないの、と思う人もいるでしょうが、満期を大学進学の時に設定している家庭が多いため、このような結果になっているようです。

このように少なくとも高校までは進学するのが当たり前となっている現在では、学資保険に加入することも当然のことです。
保険に加入することにより、大事な子供に十分な教育を受けさせてあげられることになり、親も安心感を得られることになります。
保険にはいろいろなタイプがあるので、その中から最も良さそうな商品を選びましょう。

下記のリンクは返戻率ランキングです。ご参考に。
http://xn--ruqz4zs43b2di.biz/ranking.html